出会い系サイト活用法

大学生の一人暮らしは寂し過ぎる話😢

投稿日:

都会での一人暮らし

自分で決めた一人暮らし

高校を卒業し進学をする時、地元の大学に行くのか、それとも他県に行くのかでは全く違ってくる。

地元であれば、家族と暮らしながら大学に行くので環境の変化はそこまで感じない。でも地元を離れて一人暮らしするとなれば環境は一変する。

全く知らない土地での一人暮らしは、想像以上に寂しいものです。自分で決めた事とは言えたびたび襲ってくる耐え難い孤独感はやってみた事がない人には決して分かるはずもない。

期待外れの大学生活

期待と不安が入り交じった大学生活。大学に進学する為にこれまで少しは頑張ってきた。これから大学生活を満喫したい。

不安はあるが期待の方が大きい新大学生ですが、入ってみると意外にもめちゃくちゃ楽しいという感じではない。

まぁ当然ですが、仲の良い友達がいるわけでもないし、恋人がいるわけでもない。思っていたほどレベルの高い授業がある訳でもない。

この期待外れが大学を中退する理由とも言われている。

大学のキャンパスで楽しそうにしている大学生。実は意外にも楽しいと感じていないものなのです。

自由というのは自分で責任を負うこと

高校時代との一番の違いは「自由」であること。自由ということは、自分で何でも選択していかなければいけない。講義を受ける授業もしかり、お昼ごはんもしかり、何でも自分で決め、その責任は自分で負うことになる。

自由がいいと思っていたが、いざ自由になるととても大変だと実感する。自由を手に入れた途端に、不安も襲ってくる。これで良かったのだろうか、こっちの方が良かったんじゃないか。

女子大生の特徴にもあるように自由度で言うと、大学生が一番自由です。人生で一番自由な時間、ゆとりが持てる時間がたっぷりある。このゆったりとした時間がのちのち「寂しい」という気持ちを起こしてくるのだ。

家族の暖かさが身に染みる

スケジュールがびっしり詰まっている方が寂しい気持ちを感じることがない。その点、大学生は理系の人でもある程度、自分のペースで時間が使えるし、ゆったりとした時間もある。

だから、その時間を何に費やすかがとても重要となる。ただボーっと過ごしていると、突如として「寂しさ」が心の隙間に忍び寄ってくる。

一人暮らしをしている寂しさを感じている大学生は誰しも、家族の温かさを身をもって感じることになる。あんなに家族って暖かいものだったんだなって。

その時に親の有難さや、人の優しさというものを感じるものである。

ホームシックにかかり涙が出る

電話がかかってくると嬉しくって長電話

一人暮らしの生活を始めた当初は、高校時代の友人からちょくちょくメールや電話で連絡がくるものです。また、自分からも連絡をして現在の心境など話をすることもあるだろう。

でも半年、1年と経つ内に、段々と連絡してくる友人も減ってくる。もちろん、夏休み、冬休みなど長期休暇の時には地元に戻り、仲の良い友人と会うことはある。でも、すぐに「孤独な独房」に戻らないといけない。

あれだけ嫌がっていた親の干渉も、一人暮らしをすると有難かったと思うようになる。親からの電話も一人暮らしには嬉しいものである。それだけ孤独と戦わなければいけないのが一人暮らしというものです。

友人と言える友人が一人もいない孤独感

地元と違い、他県での一人暮らしは常に孤独との戦いである。

大学には沢山人もいて友達なんてすぐに出来ると思っていた。でも現実は、上辺だけの知り合い程度の付き合い。本当の意味での友達は高校時代の友達だけだったなんて話もよく聞くし私も同感です。

社会人になっても同じことが言える。社会人になって親しい友達が出来た人はラッキーだし、いつまでも大切にしなければいけない存在でもある。

一人虚しくコンビニ弁当

一人暮らしの寂しさを感じる瞬間は突如として訪れる。

例えば、大学生であればコンビニ弁当は嫌と言うほど食べることになる。コンビニを日々変えていっても、いづれ同じ弁当と巡り合うことになる。

一人で話もせずにコンビニ弁当を食べている時も寂しさを噛み締める時である。いつも頭の中に浮かぶのは、家族との暖かい食事。こんなに寂しい思いをするなら進学なんてするんじゃなかったって思ってしまう。でも後戻りも出来るはずもなく、耐えるしかない。

とにかく誰かと話しがしたい

大学生は休みも多く、一人暮らしをしている大学生の中には1日中一言も発することが無かったって人も少なくない。話をしないのがどれほど辛いものかわかる人にはわかりますよね。

とにかく誰かと話がしたいと思う。例え、訪問販売の人でも、宗教の勧誘であっても、話が出来る人の存在がとても嬉しくなるものです。

でも本当は、出来ることなら仲の良い友人や恋人と話がしたいと思っているんですよね。

一人暮らしの学生の内3割はホームシックにかかるとも言われている。想像以上に辛い生活を強いられるのが一人暮らしの大学生であることがわかる結果ですね。

一人暮らしの寂しさを解消する方法

サークル活動を始める

大学生なら一度は憧れるサークル活動。私もサークルに入って経験があるのだが、どのサークル活動も飲み会がメインです(笑)そんなに飲みたいのかよってくらいに飲み会がない日がないくらいです。

でも、少しでも寂しさを紛らわす為には、サークルに入ることをおすすめします。サークル活動のメインは飲み会ですが、目的はみんな恋人探しといのが実態です。彼女が欲しい、彼氏が欲しい男女が過半数を占めています。もちろん真面目にサークルをしたい人たちもいますが少数派であるのは間違いありません。

中にはサークル内で男女の関係に発展し付き合っている人もいます。いつも一緒にいていちゃいちゃしてます(苦笑)。。本当にイライラしてくる瞬間です。でも少しだけ孤独を感じる時間、寂しさを感じる時間が少なくなりますよ。

出会い系サイトで恋人を作る

やはりサークル活動だけでは本当の意味で孤独を解消することは出来ません。

寂しさ、孤独感を一番解消出来るのは「恋人の存在」です。身も体も交じり合う関係といのは恋人以外ありません。

大学生活もこの「恋人」が出来るかどうかで大きく変わってきます。恋人の存在というのはとても重要なものなのです。

私もそれを求めて学業をそっちのけでサークル活動で恋人探しに没頭したのですが、残念ながら出来ませんでした。出来ないものはしょうがないですね。

恋人をつくる別の方法を考えるしかありません。そんな時に出会ったのが「出会い系サイト」でした。

一人暮らしをすると、メールやLINEも迷惑なものしかこなくなります。これが本当に寂しいものなんですよね。

でも出会い系サイトを利用すると、異性からお誘いのメールがくるし、気になれば会う事だってできますこんな素晴らしいアイテムを使わない人ははっきり言って大損です。怖いイメージのある出会い系サイトですが、実は孤独を感じている人がめちゃくちゃ多いことに気付きます。

出会い系サイトでメル友をつくり、最終的に恋人が出来た時に、知らないうちに寂しさや孤独感は無くなっていました。これが私の生きる場所だって実感できました。

私がよく使っていたのが出会い系サイトPCMAX(18禁)です。寂しい一人暮らしをしている人はぜひ活用してください。

【最後に】孤独感を感じる事で人に優しくなれる

一人暮らしの大学生活で得たものは社会人になっても生かされています。新社会人になれば知り合いなんていません。そんな時でも大学生活を思い出せば辛さは半減してきます。

あの頃の辛い体験はかけがえのないものだと今でも思います。孤独感を感じたことで人に優しくなれるようになったし、感謝することも出来るようになりました。

一人暮らしで辛くなると実家暮らしの人が非常に羨ましくなってしまいますが、いづれ味わう寂しさ、辛さを早く味わうことで、人間的にも早く成長できます。

今寂しくて孤独に感じている人にはぜひ頑張ってもらいたい。乗り越えてもらいたい。そう切に願っています。

-出会い系サイト活用法

Copyright© 安全、安心、信頼の超絶出会える出会えた優良出会い系サイト ガイドネット , 2018 All Rights Reserved.