悪徳、悪質出会い系サイト

出会い系サイトのサクラの手口、実態!騙されることなかれ!

投稿日:

出会い系サイトにサクラはいるのか?サクラの目的は?

出会い系サイトの数だけサクラが存在すると思っていいでしょう。出会い系サイトの実態は、悪徳サイトが90%以上。その他、全体から見ると優良サイトは少数だと言えます。そのことから、出会い系サイト=悪徳サイトだという噂が広まっている。ある調査によると、悪徳サイトが悪徳である理由は「サクラがいるから」と回答した被害者がほとんどだった。素人を装い男性(もちろん女性にも)とPC上で接触し、実際はコンピューターだったり、騙そうとしている人間だったり騙すものが多様化してきている。手口も巧妙化してきており、簡単に優良サイトとの区別がつかないものも増えてきている。最初は優良サイトであっても、蓋を開けてみれば悪徳サイトだったという話も多く聞かれる。
悪徳サイトの目的は他でもない「お金を騙し取る」事である。お金を騙し取れそうな男性を常に探し回っている。自分は騙されないだろうと誰もが思っているだろうが、簡単に騙されてしまうのが今の悪徳サイトである。このサイトを参考に、絶対にサクラや悪徳サイトに騙されない知恵を付けて欲しい。

優良出会い系サイトと悪徳出会い系サイトの違う目的

誰もがサクラなんかに騙されたくはない。そもそもサクラとメールのやり取りをしても意味がない。ユーザーは出会いを求めてサイトを利用しているわけだが、悪徳サイトはお金を騙し取ることしか考えていない。ユーザーと悪徳サイトでは根本的に目的が違う。いうならば、優良出会い系と悪徳出会い系ではユーザーの扱いが全く違う。優良出会い系サイトは出会いを提供するのが目的。悪徳サイトは出会いどころか、お金を取るのが目的。基本的に悪徳サイトでは異性と出会うことができない。出会えるような雰囲気を出しながら、じわじわ高額なポイントをユーザーに使わせるケースがほとんどである。ポイントを大量に使用したあとは、高額の請求をしてくる。もちろん、無視してもいいが、個人情報等を記入している場合は注意が必要だ。

もしもサクラに騙され被害にあった場合は?返金してもらえる?

考えたくないことだが、もしも被害にあった場合はどうすればいいのか?個人情報を相手に提供していない場合は、無視していれば大抵は深追いをしてくることはない。ただ、個人情報を相手に伝えている場合はやっかいだ。あまりにもしつこいようであれば、警察または法律の専門家に早めに相談、依頼すること。個人で解決しようとせず、間に第三者を挟むこと。実際、被害にあった男性は出会い系を使っていたという後ろめたさからお金をやむなく渡してしまうケースが多い。一度渡してしまえば、取れるだけ騙し取ってくる。時には脅してくることもあるだろう。だから、早めに専門家に相談して欲しい。場合によっては返金もスムーズに行われることもある。絶対に諦めないで欲しい。もちろん、悪徳サイトは使わないに越したことはない。でも使ってしまった場合も考えておくことはとても重要なことである。悪徳サイトは基本的に規模が小さいサイトである。すぐにドロンするためだ。
逆に優良サイトは大型サイトである場合がほとんどだ。出会い系サイト選びに迷ったら
優良出会い系サイトその1⇒ PCMAXの詳細はコチラ
優良出会い系サイトその2⇒ ワクワクメールの詳細はコチラ
優良出会い系サイトその3⇒ ハッピーメールの詳細はコチラ
だけを使えば問題ない。他サイトは使用したことがないので悪徳か優良か確かではない。管理人としてこの3サイトだけは出会える出会い系サイトであると断言できる。

-悪徳、悪質出会い系サイト

Copyright© 安全、安心、信頼の超絶出会える出会えた優良出会い系サイト ガイドネット , 2018 All Rights Reserved.